IP電話やラミネート、コピー機を駆使して業務効率化

IP電話で仕事が迅速

PC

企業内での連絡の高速化は、業務のスピードに強く影響します。迅速な連絡網の伝達には、どこでも電話の発着信が行なえる必要が出てきます。保留や別部署への転送を行なえる電話を活用する事で、部署間でのコミュニケーションをスムーズにすすめることが出来るようになります。IP電話を活用する事で、全ての端末を買い換える事なく、業務端末の内線化をすすめることが出来ます。ビジネスフォンを導入する際には、通常、全ての業務端末を、適したものに置き換える必要が出てきます。こういったビジネスフォンはレンタルやリースでの活用が可能になっていますが、レンタル料やリース料も莫大なものになってしまいます。その点、IP電話であれば、現在使っている端末をそのまま流用する事も出来るため、コストを抑えて利用することが可能になっています。これは、IP電話が通常の電話とは一線を画す構造になっている特徴的な点があります。通常は電話回線を利用しますが、このIP電話に置いてはインターネット回線を利用する事になります。プロバイダとの契約が必要になりますが、通常の電話回線よりも利用料金を安く抑える事が出来ます。また、ネット回線のため、社内、社外でも関係なく内線を活用することが出来るのも強みになっていると言えます。

IP電話には電話同士のPhone to Phoneや中継型、ネット電話というタイプが存在しています。この中で一番お手軽で安価なものがPhone to Phone型のIP電話で、通話料がお得で、工事も安く抑えることが出来るIP電話になっています。中継型は、モデムや通信機器を別途で追加する必要もなく、高品質な通話を行なうことが出来るのが特徴ですが、Phone to Phone型のIP電話よりも通話料が割高になってしまう特徴があります。こうした特徴を活かす事で、企業似合った適切な連絡網を導入することが出来ます。連絡の速さが仕事の速さと言っても過言ではありません。

Copyright ©2015 IP電話やラミネート、コピー機を駆使して業務効率化 All Rights Reserved.